ただいま中古マカダムローラー買取強化中

中古マカダムローラーの高価買取

こんなマカダムローラーをお持ちではありませんか?

こういった「マカダムローラー」をお持ちのお客様はいらっしゃいませんでしょうか。

  • 振動能力が低下している
  • 前輪リムが曲がっている
  • ハンドルの効きが悪い
  • 雨ざらしで手入れを怠っていた
  • 塗装が剥げてしまっている

 トラックジャパンではこういった「マカダムローラー」でも買取対象となっております。
「マカダムローラー」の買取をお考えのお客様は一度ご連絡ください。

無料買取スピード査定

電話査定申し込み

電話

0120-979-356

専門のプロが素早く査定致します。

受付時間と定休日

FAX査定申し込み

FAX

0120-460-520


24時間対応。FAX申込用紙と車検証のコピーをお送り下さい。

オンライン査定申し込み

WEB

簡単・お手軽査定


24時間対応。たった1分の簡単入力でお気軽にお申込み下さい。

買取査定お申込みへ

重機「マカダムローラー」とは・特徴

 マカダムローラーは、路床、路盤、アスファルト舗装の締固めに用いられる重機のことで、特にローラーの鉄輪が三輪車型に配置されているものをマカダムローラーと呼びます。
 自重を利用して効果的に路面に圧力をかけるために、機械そのものの重量が重くなるように製造されているのが特徴ですが、車重が軽量でも振動能力によって、より深層まで締固め能力を伝達する車種もあります。タイヤでもキャタピラーでもない鉄製のローラーで走行する点が通常の重機と異なります。
 用途としては、タンデムローラーと同様に主に敷き均し後の一次転圧、およびタイヤローラーによる二次転圧後の仕上げ転圧に用いられます。
 マカダムという名前は、18世紀~19世紀にかけて三輪ローラーによる締固め工法を発案したスコットランド技術者のジョン・ロウドン・マカダムに由来しています。国内へは戦後に流通して以後、現在まで道路舗装作業の際には無くてはならない重機となっています。そのため、中古車の市場でも酒井重工、コマツ、川崎重工、ボマークなど国内メーカー製、海外メーカー製問わず、多くの中古マカダムローラーが買取・販売されています。
 なお、マカダムローラーの公道運転には大型特殊免許が、操作には締固め用機械運転者の資格がそれぞれ必要になります。締固め用機械運転者の資格は重量無制限のため、マカダムローラー以外のどんなロードローラーでも操作することができます。

◯振動マカダムローラーとは
振動・通常振動モードが搭載されたタイプで、それぞれのモードは切替が可能になっています。振動機能がついたことによって、重量の軽い車両であっても、より深層まで締め固めることができます。

お客様の信頼・安心のための5つのお約束

  • 高価買取制度】中古重機を他社より高く買取ます!

    中古重機の買取価格には自信があります。他社のお見積りをお持ちの方は、電話にてその旨をお伝え下さい。より確実に他社よりも高額買取をさせていただきます。

  • 金額保障制度】二重査定による減額はありません

    お話頂いた内容に虚偽がない限り、お客様の重機・建機を再度査定し、買取金額が下がってしまったなどということは弊社ではありません!

  • 即金保障制度】スピード査定即日現金払い可能!

    専門のプロが素早く査定し、お客様のご都合に合わせ現金または銀行振り込みにてお支払致します。電話にてお急ぎの旨をご伝達下さい。

  • 書類代行制度】面倒な手続きは無料代行致します!

    お客様の満足・手助けのために弊社では書類手続の代行をさせていただきます。簡単、スピード手続きで素早くお引取りに参ります。

  • 安心サポート制度アフターサポートもバッチリ!

    弊社では名義変更後、速やかにお客様へ名義変更のコピーをお送りいたします。お客様のパートナーとして全力でサポートいたしますので、まずは一度お電話下さい。

「マカダムローラー」の取り扱い型式

「マカダムローラー」を製造しているメーカーごとの型式を一部抜粋しました。
こちら以外の型式も取り扱っていますので、是非一度お問い合わせ下さい。

sakai
  • R2-2
  • MW700-1


sumitomo
  • HM125H-2


hitachi
  • CS125-3


他社に負けないマカダムローラーの高価買取をお約束致します!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立

電話査定

FAX査定

WEB査定

24時間対応。たった1分の簡単入力で専門スタッフが素早く査定致します。どうぞお気軽にお申し込み下さい。

トラック買取無料査定



トップへ