ただいま中古スクレープドーザー買取強化中

中古スクレープドーザーの高価買取

こんなスクレープドーザーをお持ちではありませんか?

こういった「スクレープドーザー」をお持ちのお客様はいらっしゃいませんでしょうか。

  • スクレープ部分に不具合がある
  • 足回りの調子が悪い
  • 自走が不可能な状態である
  • ライト・警告音が故障している
  • ブレードに傷が多い

 トラックジャパンではこういった「スクレープドーザー」でも買取対象となっております。
「スクレープドーザー」の買取をお考えのお客様は一度ご連絡ください。

無料買取スピード査定

電話査定申し込み

電話

0120-979-356

専門のプロが素早く査定致します。

受付時間と定休日

FAX査定申し込み

FAX

0120-460-520


24時間対応。FAX申込用紙と車検証のコピーをお送り下さい。

オンライン査定申し込み

WEB

簡単・お手軽査定


24時間対応。たった1分の簡単入力でお気軽にお申込み下さい。

買取査定お申込みへ

重機「スクレープドーザー」とは・特徴

 スクレープドーザーは、スクレーパーとブルドーザーの機能が両方搭載された自走式の重機です。正式名称はスクレープドーザーですが、1962年に日本車輌製造株式会社が国産化したSR62が日車メンクの名称で販売されて以来、日本の土木業界ではメンクの名称がスクレープドーザーの代名詞として使われることもあります。
 日本国内では、過去にキャタピラージャパンと日本車輌製造株式会社の2社がスクレープドーザーの製造・販売をおこなっていましたが、現在は製造を中止しています。そのため、中古市場でもスクレープドーザーの流通量は少なく、実際にこの重機の買取や販売が行われているのを目にする機会は稀です。

 スクレープドーザーは、タイヤではなくクローラーで走行するのが特徴で、外観はブレードの代わりにボウル(土溜め機構)が搭載されていて、ブルドーザーの様な形状となっています。
 スクレーパーと同じく、工作業サイクル(掘削、積み込み、運搬、敷均し)作業をすべて単体でこなせる一方で、ブルドーザー同様の旋回性能も持ち合わせています。そのため、特に軟弱地や不整地など狭所での施工を得意としています。
 スクレープドーザーを操作するにあたっては、公道での走行時には大型特殊免許の取得が、実際に現場での操作を行う場合には車両系建設機械運転技能講習が、それぞれ必要となります。

お客様の信頼・安心のための5つのお約束

  • 高価買取制度】中古重機を他社より高く買取ます!

    中古重機の買取価格には自信があります。他社のお見積りをお持ちの方は、電話にてその旨をお伝え下さい。より確実に他社よりも高額買取をさせていただきます。

  • 金額保障制度】二重査定による減額はありません

    お話頂いた内容に虚偽がない限り、お客様の重機・建機を再度査定し、買取金額が下がってしまったなどということは弊社ではありません!

  • 即金保障制度】スピード査定即日現金払い可能!

    専門のプロが素早く査定し、お客様のご都合に合わせ現金または銀行振り込みにてお支払致します。電話にてお急ぎの旨をご伝達下さい。

  • 書類代行制度】面倒な手続きは無料代行致します!

    お客様の満足・手助けのために弊社では書類手続の代行をさせていただきます。簡単、スピード手続きで素早くお引取りに参ります。

  • 安心サポート制度アフターサポートもバッチリ!

    弊社では名義変更後、速やかにお客様へ名義変更のコピーをお送りいたします。お客様のパートナーとして全力でサポートいたしますので、まずは一度お電話下さい。

「スクレープドーザー」の取り扱い型式

「スクレープドーザー」を製造しているメーカーごとの型式を一部抜粋しました。
こちら以外の型式も取り扱っていますので、是非一度お問い合わせ下さい。

caterpillar
n-sharyo

他社に負けないスクレープドーザーの高価買取をお約束致します!

  • 無料査定申し込み
  • 査定結果のご連絡
  • 取引成立

電話査定

FAX査定

WEB査定

24時間対応。たった1分の簡単入力で専門スタッフが素早く査定致します。どうぞお気軽にお申し込み下さい。

トラック買取無料査定



トップへ